News

臨床研究法施行に伴う認定臨床研究審査委員会に認定されました

弊法人は、平成30年7月12日付で厚生労働省より臨床研究法に基づく臨床研究審査委員会の認定を受けました(委員会の正式名称:「JAPSAM中央臨床研究審査委員会」)。特定非営利活動法人としては全国で2番目、東海・北陸地域では初めての認可となります。

本年4月の臨床研究法施行により、特定臨床研究(※)を実施する者は、実施計画による実施の適否等について、厚生労働大臣の認定を受けた認定臨床研究審査委員会の意見を聴いた上で、厚生労働大臣に提出することが義務付けられています。また、特定臨床研究以外の臨床研究を実施する者に対しても、実施基準等(利益相反の管理等)の遵守及び認定臨床研究審査委員会への意見聴取に努めることが義務付けられています。

弊法人臨床研究審査委員会では、臨床研究法に基づく審査の依頼を受付けております。審査のご依頼やお問い合わせにつきましては、下記までご連絡下さい。

【問い合わせ・連絡先】

〒464-0858
名古屋市千種区千種2-22-8 名古屋医工連携インキュベータ410号
特定非営利活動法人 先端医療推進機構
JAPSAM中央臨床研究審査委員会 事務局
TEL: 052-745-6881 / FAX: 052-745-6882
E-mail: info-irb@japsam.or.jp

(※)特定臨床研究とは

  • 薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)における未承認・適応外の医薬品等の臨床研究
  • 製薬企業等から資金提供を受けて実施される当該製薬企業等の医薬品等の臨床研究

参考:臨床研究法について(厚生労働省)
JAPSAM中央臨床研究審査委員会 公式サイト(作成中)
臨床研究における規制の区分について

ごあいさつ

特定非営利活動法人「先端医療推進機構(JAPSAM)」は、先端医療分野の推進を目的に、平成15年に特定非営利活動法人「先端医療を推進する会」として設立されました(平成17年に現法人名に改称)。

日本における難病治療は、日進月歩ではありますが、医療をとりまく環境整備やシステムの刷新にも尽力する必要があります。本機構では、研究開発の支援、臨床研究・治験の支援、ならびに再生医療に関する委員会開催、さらに、一般の方々を対象にした社会啓発事業において、新しい治療法の情報提供や健康講座、学術的なシンポジウムの開催を定期的に行なっております。また、難病疾患に対して役に立つ新しい医療システムの提案や、安全かつ速やかな臨床応用など、医療のよりよい発展に寄与できるよう、努力を重ねております。

具体的には、研究開発支援として、名古屋大学に寄附講座の設置。臨床研究・治験支援の次世代医療審査委員会として、IRB・倫理審査委員会、特定認定再生医療等委員会ならびに認定再生医療等委員会の運営を、東京と名古屋にて毎月開催。さらに、医療機関での外国語運用能力を高めていただくためのグローバルヘルスケアプランとして、医療英語のセミナーや認定試験(URL)の実施を支援しております。延べ4,500人の方々に参加いただいております。

今後も、先端医療分野の発展と、グローバルヘルス分野に貢献してまいります。皆様には、ネットワーク懇話会やご支援方法をご確認いただき、変わらぬご理解とご協力をお願い申し上げます。

臨床研究・治験支援では、平成19年1月、治験審査委員会(IRB=Institutional Review Board)を設立し、迅速かつ公正な審査を定期的に開催しております。この活動をとおして臨床試験および臨床研究の推進に貢献しております。さらに、平成27年には、特定認定再生医療等委員会および認定再生医療等委員会を設立し、安全かつ丁寧な審査委員会の運営を通して、再生医療分野の発展を支援すべく、事業を進めております。

髙久 史麿 理事長
林 依里子 副理事長

特定非営利活動法人先端医療推進機構 (JAPSAM) が実施する次世代医療審査委員会

  1. 治験審査委員会 (IRB)
  2. 倫理審査委員会
  3. 再生医療等委員会

JAPSAM PRP幹細胞研究会のウェブサイトを開設しました。

JAPSAM PRP幹細胞研究会

お問い合わせ先
特定非営利活動法人「先端医療推進機構」
〒464-0858
愛知県名古屋市千種区千種2-22-8
名古屋医工連携インキュベータ 410
TEL 052-745-6881/FAX 052-745-6882
E-mail:info2‹AT›japsam.or.jp
(‹AT›は半角アットマークを表しています)