構成員名/英名表記 役職 所属
林 衆治
Shuji HAYASHI
教授 先端医療バイオロボティクス学寄附講座
野口 洋文
Hirofumi NOGUCHI
准教授
(Associate Investigator)
ベイラー研究所、ベイラー免疫学研究所
大石 幸一
Koichi OISHI
研究員 先端医療バイオロボティクス学寄附講座
湯川 博
Hiroshi YUKAWA
研究員 先端医療バイオロボティクス学寄附講座

名古屋大学大学院医学系研究科先端医療バイオロボティクス学講座組織図>>

研究キーワード

再生医療(肝硬変、糖尿病、脳血管疾患)、細胞治療、自己医療、ロボット医療

研究プロジェクト

肝再生医療の実用化研究

自己骨髄細胞を用いた肝再生療法の基礎研究、臨床研究に取り組む。また体性幹細胞のドナーソースとして注目されている脂肪内幹細胞をターゲットとし、臨床応用可能な肝再生医療を実現すべく研究を進めていく。

膵島分離・移植技術の多施設共同研究および膵再生医療の実用化研究

膵島移植による1型糖尿病治療は、再生医療の中でも最先端の治療法として期待されており、脳死ドナー膵島移植は2000年のエドモントンプロトコールの報告 以降、欧米で500例以上の患者に臨床実施されている。

京都大学および藤田保健衛生大学とDiabetes Research Institute Japan Federationとして共同研究を行い、臨床膵島移植における分離・移植技術の基礎研究を実施し膵島移植成績の向上を目指す。また膵再生医療実現に向 け、体性幹細胞からインスリン産生細胞への分化誘導にも取り組む。

独自ホームページ

先端医療バイオロボティクス学寄附講座の詳細は独自ホームページからご覧下さい。